助八寿司

  [ 元祖 前沢牛にぎり ]

JR東北本線 前沢駅[近]/ 岩手県奥州市前沢区駅東2-8-9 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 岩手県のブランド牛「前沢牛」をにぎりで提供するお店。他に普通のお寿司もあります。店内は意外と広く、カウンター席と座敷席があります。店頭に駐車場あり。
  • 前沢牛にぎり 3350円  
  • 以前から気になっていた「前沢牛にぎりの元祖」を掲げるお店を訪問です。土曜の夜でしたが、前客3名のみでタバコ臭い…。寿司屋でタバコOKなんてロクな店じゃないな…という感じで引き返したくなりましたが、店員さんに促されてしまったので仕方なく着席。早速、名物を頂きます。出てきたのは全て前沢牛を使用したなかなかいい雰囲気のにぎり寿司。数年前からは生での提供がNGになってしまったそうですが、個人的には魚でも、脂が多いものは食感や彩に変化が起きない程度の軽い炙りを入れてもらった方が旨いと思ってるので、この変化はウェルカム。食べてみると、軽く炙ったおかげで生臭さが消えて、牛肉のトロケル脂感、質感だけをピュアに感じとることが出来ます。食感もホロホロとトロケル食感で美味いなぁ〜。一方でおススメされたニンニク入りは大失敗。半分だけにしてもらいましたが、ニンニクなしでよかったと思います。この後、お腹的に物足りずステーキ食べに行ったのですが、どこも営業終了済…前沢の夜は早いのでした。涙。(2016-10上)
  • 助八寿司 助八寿司


 

マルカンデパート大食堂

  [ ナポリカツ・ソフトクリーム ]

JR東北本線 花巻駅[遠]/ 岩手県花巻市上町6-2 マルカンデパート6F

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • (建物老朽化により惜しまれつつも2016/6 閉店しました)花巻を代表する名所マルカンデパート大食堂。ここを有名にした料理は「ナポリカツ」そして「ソフトクリーム」。店内は昭和を感じる大食堂で約560席ほどあるらしいですが、週末には満席になるらしい。。。
  • マルカンデパート マルカンデパート
  • ナポリカツ660円+ソフトクリーム130円   
  • 平日だというのに、開店時刻と同時に客がわんさかなだれ込む驚異のお店。噂には聞いていましたが、すごい人気ですね〜。さてレジで支払いを済ませたのち、窓際に陣取り待ちます。そして登場したのがこちらのナポリカツ。昭和感あふれるケチャップ味のナポリタンとトンカツが乗るボリュームある一皿。野菜も結構多いですね。これくらい大したことないだろうと思ったのですが、ケチャップ味がかなり濃いので、意外に手ごわい印象。とはいえ郷愁感を味わいながらなんとか完食。そしてソフトクリームを食べることになるのですが・・・名物の10段ソフトはお腹の都合で断念し、小サイズを頂きました。こちらのソフトは箸で食べるのが流儀だそうです。まぁ小さいサイズにしてしまったので、口で食べても全然問題ない状態でしたが、気分だけでもと思って箸で頂きました。名物食堂で名物料理、堪能しました〜。(2015-05中)
  • マルカンデパート マルカンデパート


 カフェレストラン 

きゃびん

  [ わさび冷麺 ]

JR東北新幹線 新花巻駅[遠]/ 岩手県花巻市矢沢4地割62-27 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 岩手県といえば冷麺が有名ですが、韓国系の料理なのでキムチが使われています。一方でこちらはキムチの代わりにワサビを添えた冷麺を提供しています。店内はテーブル席多数。店頭に駐車場多数完備してます。
  • わさび冷麺 880円  
  • 大通り添いから見ると野菜直売所のような掘っ立て小屋(失礼!)に見えなくもないのですが、店舗正面に回ると割ときれいなカフェレストラン。店内も落ち着いた居心地の良い雰囲気で安心しました。さて冷麺といえばキムチが乗るのが当たり前ですが、そんな常識を打ち破る「わさび冷麺」が提供されているということで、気になってしまい訪問。個人的にキムチはどちらかといえば不得意で、一方のワサビは大好物。ということで、否応にも胸が高まります。10分ほどして登場した冷麺、びっくりの山葵ソフト状態! こりゃすごい量だ! しかしこの山葵、すりおろしたばかりのような甘さ引き立つ山葵で、全然辛い感じはなくてモリモリ食べれ、難なく完食。冷麺の方もあの独特の歯応えがあり、間違いない美味しさ。これは本当に大満足の素晴らしい料理でした。ぜひとも日本全国に広がってほしいですね!(2016-01上)
  • cabin cabin


 

ぴょんぴょん舎

 稲荷町本店  [ 冷麺 ]

JR東北本線 盛岡駅[遠]/ 岩手県盛岡市稲荷町12-5 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 冷麺や焼肉を扱う、盛岡を代表する有名店「ぴょんぴょん舎」の本店です。盛岡駅の北西、国道46号線沿いにある大型店舗。店内はテーブル席多数。店頭に駐車場多数完備してます。
  • 冷麺+焼肉他 2500円?  
  • ぴょんぴょん舎は川崎にも出店しているような有名店で、岩手県では盛岡駅前にもお店がありますが、せっかくなので本店を訪問。お昼時間は過ぎていたのでガラガラ、予想外にすぐ座ることが出来ました。さて頼んだのはランチ焼肉セットと冷麺。冷麺は歯応え強く喉越し重視の麺で、やっぱり美味しいですね〜。噛みきってしまうことが勿体無く感じてしまうくらいの滑らかな口当たり。スープは程よい酸味と甘味があり、そこにキムチの辛さが加わると、食がどんどん進みます。よく考えられた構成の料理だなぁと思います。焼肉のほうは値段の割には味もよく、なかなかCP良く感じました。満足!(2015-04中)
  • ぴょんぴょん舎 ぴょんぴょん舎


 

小袖海岸 売店

 [ まめぶ汁 ]

JR八戸線 久慈駅[遠]/ 岩手県久慈市宇部町 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 小袖海岸にある売店です。NHKの朝ドラ「あまちゃん」で一躍有名になった「まめぶ汁」やウニ丼を提供しています。店内はテーブル席。周辺に駐車できます。
  • 久慈 久慈
  • ウニ丼+まめぶ汁 700円   
  • 念願のあまちゃん舞台を訪問! アキが素潜りでウニを採った場所や、灯台、監視所などなど見学してきました〜。見覚えのある景色が広がるとともに、海女センターではあの音楽も流れていて、テンションあがりまくり(^_^) さて、こちらは昨日から始めたばかりという売店らしいのですが、せっかくなので頂いてみました。まず出てきたウニ丼、ご飯もウニもぱっさぱさ。こんなしょぼいウニ丼は初体験です(T_T) 続いて謎の「まめぶ汁」。テレビで見てて非常に気になっていたのですが、食べてみると・・・けんちん汁だな。。ニンジン、大根やゴボウなど野菜が色々入ってます。そして里芋も入ってるなぁと思って食べ瞬間、想像とは違うもっちり柔らかい食感にびっくり。この白い丸状のものが噂の「まめぶ」で、団子の中にはなんと甘い黒砂糖と胡桃。頭では里芋だと思ってるので、かなり違和感を感じましたが、こういう食べ物だと思って食べれば、まぁそれなりに美味しいかもです(笑) ちなみにかつて神奈川にトラックで牛乳を運んでいたというオジさん曰く、小袖では全く「まめぶ汁」を食べないそうです(爆) 内陸にある山形村の郷土料理とのこと。。(2015-04中)
  • 久慈 久慈


 

福田パン

 長田町本店  [ パン ]

JR東北本線 上盛岡駅[遠]/ 岩手県盛岡市長田町12-11 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 1948年創業という老舗のパン屋さん。店頭で具材を選び注文すると、その場でコッペパンに挟んで提供してくれるスタイルが人気。店頭に駐車場あり。少しですがイートインスペースもあります。盛岡駅ビルでも購入できます。
  • あんバター+ポテトサラダ 400円   
  • 盛岡市民のソウルフードらしいです。カウンター越しにお姉さんに向かって注文すると、パパッと具材をコッペパンに挟んで、あっという間に提供されます。そのあまりの早さにびっくり! さらにコッペパンのサイズが結構大きいことにもびっくり。神奈川県の給食で出ていたコッペパンってこんなに大きかったかな?? さて、注文したのは「あんバター」と「ポテトサラダ」。あんバターは名古屋の小倉トーストを連想させるメニューですが、こちらはしっとり柔らかいコッペパンがベースなので、どちらかというとあんぱんに近い印象を受けましたが、塩気も効いてなかなか美味。ポテトサラダのほうは間違いない王道の味わいで、ジャガイモもゴロゴロ入り満足でした。次は不思議系のメニューや、惣菜系を試してみたいなと思いました。(2015-04上)
  • 福田パン 福田パン


 銀河プラザ 

山猫軒

 駅前店  [ わんこそば ]

JR東北新幹線 新花巻駅[近]/ 岩手県花巻市胡四王1-3-3 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 本店は宮沢賢治記念館駐車場内にありいい雰囲気のようですが、こちらの新花巻駅前店はごくありふれた食堂です。店内にはテーブル席が多数あります。多種多様なメニューが揃っており、盛岡の三大麺「わんこそば」も提供されています。ただしお姉さんに付いてもらうためには準備時間が30分くらい必要。周辺にコイン駐あります。
  • わんこそばセット 1500円   
  • 中学生の頃に親と盛岡市内で食べて以来のわんこそばに挑戦。今日は気軽に楽しめる「まとめてどーんと提供」方式のわんこそばを頂きました。テーブルの上に並べると、なかなか壮観な風景が広がります。この時点で気分的には既にお腹いっぱい(^_^; さて、小分けにされた蕎麦を一椀ずつガシガシ食べていくわけですが、あっという間に飽きます・・・。というわけで、味変アイテムが用意されており、天ぷら、山菜、トロロなどで口直ししつつ食べ進め、なんとかギリギリ完食。いやーちょっと焦りました。。やっぱり、食べ放題や大盛メニューなどもそうですが、ひたすら同じ味を食べ続けるのって、かなりしんどいですね。。(2015-04上)
  • 山猫軒 山猫軒


 

白龍

  [ じゃじゃ麺 ]

JR東北本線 盛岡駅[遠]/ 岩手県盛岡市内丸5-15 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 盛岡三大麺の1つに数えられる「じゃじゃ麺」の元祖、発祥店です。こちらの本店は盛岡城跡の北側、櫻山神社の鳥居を出てすぐの場所にあります。ここ以外に支店もあり、その1つはすぐ並びにあるという地元の人気店です。店内にはカウンター席とテーブル席がありますが、かなり古くて狭い、居心地微妙な空間。付近にコイン駐あります。
  • 白龍 白龍
  • じゃじゃ麺小350円+ちいたんたん50円   
  • 盛岡ご当地グルメを代表する有名店。店内入ると7割ぐらいの客入りで、やはり地元では人気あるようですね。さてこちらの料理は、うどんに、味噌玉、ニンニク、ラー油、酢、生姜などを混ぜて食べるという、いわゆる和え麺タイプの食べ物。つまり、、個人的には食指が動かない苦手系。実は過去に2度、店前まで訪問したにも関わらず、食べる気力がどうしても湧かず、別の店に行ってしまってます。。今回は意を決して初訪問。。さて出てきたアツアツのうどんに、味噌玉やニンニクなどを混ぜて頂きましたが、見た目は汚いし、味噌・ニンニク・生姜の味がダイレクトに来るだけの食べ物。料理と呼ぶにはなんだか抵抗感を感じてしまいます。。最後にスープをもらって玉子を割り「ちーたんたん」にして食べますが、これはまだ料理に近づく気がしますが、やっぱり酢などの調味料で味を調える必要があり、やっぱり料理じゃないよね・・・。とりあえず有名ご当地グルメを本店で頂きましたということにのみ満足しました。(2015-04上)
  • 白龍 白龍


 和風レストラン 

松竹

  [ 一ノ関ソースカツ丼 ]

JR東北本線 一ノ関駅[近]/ 岩手県一関市上大槻街2-1 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 一ノ関の駅前にある定食屋さんで、「一ノ関ソースカツ丼」の有名店です。ただ、和風レストランを名乗るだけあってメニューは豊富、鰻も自慢らしいです。店内はテーブル席が多数、薄汚れた色紙などが貼られており雑然とした印象。脇道を入ったところに駐車場が少しだけあります。
  • ソースかつ丼 850円   
  • 中途半端な時間ということで、客は前0、後2でした。ただ、後2名はわざわざ新幹線を降りて食べに来たと話していて、この辺では超有名店のようです。さて、一応メニューを一瞥しますが、他に気になるメニューもないのでソースカツ丼だけ注文。10分程して出てきたのは、薄っぺらいカツに甘いソースがかけられたタイプのカツ丼。丼の蓋を開けた時の雰囲気や、そのボリューム感から、福井のヨーロッパ軒を思い出しましたが、こちらはソースの色が薄く、またキャベツが敷いてあります。。さて、いざ食べてみると、、ソースが非常に甘い! しかもそのソースの量がかなり多く、ご飯がびちゃびちゃの「ソースご飯ツユ濁」状態。漬物や味噌汁で塩気を補いながらなんとか完食しましたが、予想外の難敵でした。そして案の定、夕飯に牛タン焼きを食べる予定だったのですが、無念の棄権(涙) 豚カツ自体は美味しかったし、甘い風味が好きな方、連食予定ではない方におススメです。(2012-07下)
  • 松竹 松竹


 

一翔

  [ 北上コロッケ ]

JR東北本線 北上駅[近]/ 岩手県北上市大通り1-3-26 

  • 概略情報   ご当地度
  • 北上コロッケとは北上産の4種の材料(里芋、黒毛和牛、白ゆりポーク、アスパラ)を使用したコロッケで、基準を守ったお店には認定証が掲げられています。こちらのお店は駅東口から少し歩いた場所にあるお店。夜は飲み屋になっています。店内はテーブル席など。
  • 北上コロッケ2個 400円   
  • せっかくなので「北上コロッケ」など地場産のものをつまみに飲もうと思い駅前ホテルに泊まりました。ところが、週末夜ということもあり、駅前の提供店は全部満席。困ったなぁということで、ウロウロした末に電話で交渉開始。無事に「お持ち帰り」で購入できました〜。やったー(笑) さて部屋に戻って食べてみると、里芋由来のねっとりとした食感が特徴的。ジャガイモでもねっとりしてるタイプがありますが、これはもう次元の違うネットリ感。さらに時々苦味が顔を出してきたりと、一風変わったコロッケでした。(2012-07下)
  • 一翔 一翔


 元祖 平壌冷麺 

食道園

  [ 冷麺 ]

JR東北本線盛岡駅[近]/ 岩手県盛岡市大通1-8-2 

  • 概略情報   ご当地度  / 居心地
  • 今や日本中で食べられるようになった冷麺ですが、その元祖がこちらのお店です。ただ、こちらのお店はあくまでも「平壌冷麺」という呼称にこだわっており、「盛岡冷麺」となると「ぴょんぴょん舎」が元祖になります。お店はダイワロイネットホテルの裏手で、意外なほど薄暗い通りにあります。店内は焼肉屋タイプのテーブル席のみで、二階にも席があるようです。土日や夏休みなどは大行列になるそうですが、普段は気軽に食べられる焼肉屋といった感じ。
  • 冷麺 850円   
  • 行列を心配して、夜の部の開店と同時に訪問。しかしその後に来たのは二組のみで、さすがに冬の平日はお客少ないみたいです。さて、今日は1人だし焼肉食べるほどお腹の余裕もないので、冷麺だけ頂きました。「初めての人はキムチを別皿で」と書いてありましたが、なんだかそれも邪道かなと思い「冷麺(辛さ普通)」で注文。冷麺は割と茹で時間がかかることは知っていたので気長に待ちましたが、新幹線は間に合うとしても、お土産買う時間があるか気になる(^_^; さて、具としては、甘辛いカクテキ、キュウリキムチ、牛肉(サガリ)、玉子などが入っています。麺は歯を押し返してくる強い弾力感があり、歯応えを楽しむというよりは喉越しを楽しむ感じで、非常に美味しく頂きました。後半のスープは、キムチから溶け出た辛味でかなり辛くなってしまい、完飲は出来ませんでしたが、全体的には甘辛い風味で好みの系統だし、非常に満足感ありました〜(^_^) また訪問したいです。ちなみに盛岡駅で無事に「ぴょんぴょん舎」のお土産も購入、家でも冷麺を堪能しました〜。(2011-12上)
  • 食道園 食道園
inserted by FC2 system